Don’t Ever Change

こんにちは、ヴォーカルの角田です。

いよいよ明日はBURNNITE2019!

初出演させていただきます!

イベントの詳細は公式、https://w0227077115.wixsite.com/burnniteにアクセスいただくとして、昨年にもまして質の高いイベントになる予感。

私は昨年は本業の古着屋として、ブース出店させていただいたのですが、出演者のラインナップも数、クオリティ共にグレードアップしてます!

そして世界に誇るガールズバンド「The 5.6.7.8’s」が昨年に引き続き二度目の登場ですからね。昨年も最高でしたが、今年も間違いないです。

Quarry麺は光栄にもゴロッパチの直前の出番を仰せつかりまして、出番は17:30頃からの予定です。演奏もたっぷり1時間!ちゃんと新曲も仕込んでますよ!

野外でのイベント。午後の降水確率70%という事で、天気が心配なところではありますが。

私はブースの出店もさせていただくので、合間にでもお立ち寄りくださいね!

さて、最近またハマっている「 Live At The BBC」。

ユニバーサルのページから拝借

その実、多重録音にダブルトラック、しまいには編集と名ばかりの「Live」盤ではありますが、トーク部分やエネルギッシュな演奏など、当時のビートルズの勢いが余す事なく捉えられている名盤。カバー曲の全てが秀逸。

最近はゴフィン&キングの「Don’t Ever Change」が特に気に入ってます。

珍しいポール&ジョージによるツインボーカル。他には何がありますかね。「All My Loving」はジョンが3連のバッキングを弾きながら歌えないということで、ポール&ジョージのツインになってますが、「Don’t Ever Change」に関しては、別な理由。推測の域を出ませんが、純真無垢な歌詞の内容がジョンのパーソナリティにマッチしなかったのかなとも思います。って、ジョージもポールも大概なハチャメチャでしたけどねw

本当に綺麗なメロディと歌詞で、若かりしポールとジョージのハーモニーが見事にハマっている名曲です。「Get Backセッション」に至っては反目しあう2人が、リバプールインスティチュートスクールの頃そのままに(おそらく)一本のマイクをシェアして歌う姿を思うと、胸がキュッと締め付けられます。

「Don’t Ever Change」(Goffin-King)

レースの付いた服なんて着ないし化粧することもない

日曜以外はいつだってジーンズ姿

けれどそんな君が好きなんだ

どうぞ変わらないで

ありのままの君が好きだから

流行りのダンスには興味がなくても

僕だけに見せるおてんば娘じゃない本当の君

そんな君が好きなんだ

どうぞ変わらないで

優しい君のままでいてくれると約束してくれるかい

君の幸せな笑顔

悲しそうな横顔

僕に怒ってみせるその表情も

全てが愛しいよ

今まで出会ったのは男をあしらうような娘ばかりだったけれど

君は決して僕を傷つけたりしない

そんな君が好きなんだ

どうぞ変わらないで

優しい君のままでいてくれると約束してくれるかい

ありのままの君でいて

どうぞ変わらないで

ありのままの君でいて

どうぞ変わらないで・・・

好きすぎて和訳してみましたw ストーリーの反芻は歌詞の暗記にも大いに役立つのですが、自分なりの意訳をこさえるのもこれまた楽しい楽曲の味わい方かと。

という事は、つまり。

その通り!明日のライブにご来場予定の方は復習してきてくださいね!

では、明日、鹿角市「道の駅おおゆ」でお会いしましょう!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中